驚愕!!PC98フル装備の性能ヤバすぎ…EMSメモリ&CPU増設アップグレード

Share
HTML-code
  • Published: 27 November 2019
  • 以前修理したPC-9801NS/T(98NOTE)にCPUとメモリ増設してフル装備PC98にアップグレード/改造しベンチ検証行います。
    使用パーツ『Cyrix コプロセッサ 80387 40MHz』『EMS RAMボード 8MB』

Comments • 383

  • J Usatama
    J Usatama  28 минут бұрын

    HDDの件背面110pin用のscsiモジュールか横にあるカードスロット用のSCSIカード入手して、HDDか230mb MOに退避、その後フラッシュカードへ移動の方がはやいかもしれん。

    • ネコのま
      ネコのま  Күн бұрын

      コプロセッサは浮動小数点専用のCPUでGPUじゃないです 用途としてはシュミレーションゲームなどがおそらく早くなるのでは? PC-9801SXは名前の通り、i386SXのCPU搭載で、i386DXと同等にするものです あと、アタッチメント?としてはFM音源+ゲームポートの拡張機器があったように思います(持ってました) この時代のノートのHDDは交換も簡単で保管も楽でしたね HDDの蓋とバッテリーのボタンは単にこのPCが下手ってるだけです 普通はスライドも楽ですしボタンも力入れずにすぐに交換できます PC-9801NC40(当時50万ぐらい)を持ってましたが名機でした winへのコンバートは今のじゃ無理じゃないかなぁフォーマットが違うし FAT16ってサポートしてましたっけ?

      • bc5a46e
        bc5a46e  3 күн бұрын

        98メニューのRAMディスクについて説明いたします。 当時のNEC PC98シリーズは2FDDがデフォルト(1枚目がシステム、2枚目がデータ)でした。HDDは高価なため、付いていないこともよくありました。 なので、ドライブが1つしかないノートPCの場合、ディスクを交換しながらソフトを使うことになりました。 しかし、ソフトによっては頻繁に両方のディスクにアクセスが発生するため抜き差しが煩雑であったり、ソフトによっては2枚目が別ドライブになっていなくてはならないというのもありました。 そのため、2枚目のFDDをRAMディスクに一時的に保存して疑似的に2ドライブのモデルとして扱うために考えられたのが98メニューのRAMディスクです。

        • そめ
          そめ  4 күн бұрын

          クッソ懐かしい、Tついてたかは若っらんけどうちにあったなあ、一太郎VER1.0dash入っててそれ専用だったわ

          • camino e
            camino e  5 күн бұрын

            ふんわり米良さんかと思った

            • macyuzi808
              macyuzi808  5 күн бұрын

              懐かしPC98ですね、独占販売でサードパーティーSCSIホストアダプタ問題があってHDDが自社製以外は動かなったはず、フォーマットに互換性が無く自社製以外はデータを読めない・起動できないなどの不具合が生じる可能性がありました。どのソフトもコピーガードが強くコピーできないようけんかしていた時代です いろいろ試してみては。

              • 倉田尚
                倉田尚  5 күн бұрын

                なんか端子がサビサビに見えるけど大丈夫なのか? いちいちdirする意味が分からんw なんでファイル移動でFDを使うのを拒否してるのか疑問だし…2HDだったら何回かやればできると思うのだが…ひょっとして2DDか? アナログ出力は、画面右が切れちゃってるね。 俺の所には、9821XV13を手元に残してあるけど、飾りにもなってないわw 英雄伝説は88でやったなぁ。(88SRも一応手元に残してある)

                • Josui Kuroda
                  Josui Kuroda  6 күн бұрын

                  ベンチマークテストは、FPU命令が発行されていない(コプロなしで動作する)プログラムになっていないでしょうか?

                  • 佐々木優悟
                    佐々木優悟  6 күн бұрын

                    専門的すぎて一体何をしてるのかよく分かってないけど、古いパソコンのハードをアップグレードする工程が好きで見てしまう笑 こんな古いパソコンでもこのレベルのアニメーションなら表示できるのか。

                    • don u
                      don u  7 күн бұрын

                      特殊用途だけど、計測用のPCとしてPC98 はなかなか安定してよかった。 Windows2000の古い筐体と7と三つ比べてみたらロバスト性はぶっちぎりだった。 スペックが足りないからもう使えないけど、最近のPCはコストパフォーマンスを上げるためにハードの作りが弱くなっていると思う。

                      • STUDY PLACE翔智塾
                        STUDY PLACE翔智塾  7 күн бұрын

                        EMSメモリは対応ソフトでないと拡張メモリとしては機能しないので、RAMディスクとして使っていました。RAMディスクとは、いまでいうSSDみたいなものです。RAMディスクにフロッピーディスクの内容をコピーして仮想ディスクにすると爆速で感動してました。ぜひチャレンジを!

                        • ;p tr
                          ;p tr  7 күн бұрын

                          コメ欄までレベルが高くて吹いた。コメント書いている人、多分40代以上が大半だと思う

                          • yocopi
                            yocopi  8 күн бұрын

                            pc98ノートの画面は白黒反転したほうがいい場合もある。 オレもコプロの増設とか憧れたけど持ってたepsonノートにはそもそもソケットがなかった。 sasiのhddは上限が40mbかそこらだったと思うがメーカーが専用フォーマッタを用意することで125mbもいけたんだよな。

                            • 0608 sige
                              0608 sige  8 күн бұрын

                              懐かしいですね。PC-9801USで i386sx を使っていました。MS-DOSからWindows3の頃ですね。 CPUのアップグレードは、i386sxならアセットコアから発売されていたCPUに上から被せるタイプか、CPUの貼り換えでしたね。NS/Tだと難しいかも・・・ コプロの387の増設は、CPUのアップグレードとは違いますよ。 RAMディスクは、EMSメモリの一部をドライブ扱いする感じで、日本語の漢字かな変換(FEP)を起動時に読み込ませて、入力時に遅いFDやHDにアクセスするストレスを減らす感じで使っていました。 config.sys の設定や DIP SW(当時はマニュアル覚えていた。)の設定が肝ですね。 DOSで、Filer + Editor 利用で、結構、文書の生産性は高かったように思います。

                              • 【考の日記 Channel】旧名:戦車好きのRaburaiba Channel

                                pc98のエミュレータで中身見れたような

                                • hirofumi edo
                                  hirofumi edo  9 күн бұрын

                                  EMSメモリ懐かし過ぎ!

                                  • 一浪猫好き
                                    一浪猫好き  9 күн бұрын

                                    ときメモで勇者を育ててました、って分かるかな〜

                                    • トレックKK
                                      トレックKK  9 күн бұрын

                                      拡張バスに接続して98のデスクトップと同じCバス用の拡張ボードが使える「拡張box(iodata製など)」を取り付け、Cバス用のtype2/3用pcカードアダプタを取り付ければなんとかなると思いますが、どちらもマイナーな製品なため製品自体が手に入らないかと。。。

                                      • TemRayMecha
                                        TemRayMecha  9 күн бұрын

                                        既出なら、失礼。DOSのシステムは、2ドライブ使う物が多く、AドライブにDOSやアプリ本体を入れ、Bドライブをデータディスクやサンプルディスクなどに使いました。ゲームも然りで、システムをA、ゲームデータをBという形です。すると、1ドライブのノートでは、動かなくなるので、おまけで付いてくるRAM1Mを仮想FDD用RAMディスクにする機能が付いてます。(EMS上に作るRAMディスクとは異なります。)一度にFDD一枚分しか入らないので、普通に使うと使いにくいですが、DOSやアプリ、ゲーム本体(コピガがないものに限られますが)漢字変換などをまとめて、RAMディスクにいれ、入れ替えても良いデータや常時必要ないDLLなどは、差し替えるFD全枚数にコピーすれば、FDの差し替えだけで、複数のアプリケーションを収容・可搬できました。(DOSファイルやメモリー上のデータをリアルタイムで圧縮するツールもあったので、これらと、ブートメニューとファイラーを組み合わせればFD運用でも結構使えました。)ただ、93年~94年頃になると、HDDが急激に低価格化し、ゲームやアプリもHDDインストールが普通になり、FD用のRAMディスクを使用する人は減りました。(コピガのため、起動キーとしてFDを持ち歩いていた時期もありましたが~)あと、386SL(98)は、NECが元気だった頃にインテルに作ってもらったカスタムCPUで、周辺回路を同梱したCPUです。今で言う、ノースブリッジ内蔵CPUやSoCのはしりです。i386SXに比べ、消費電力の低減と、若干の高速化が有った様に記憶しています。(キャッシュもあった様な気がするのですが、記憶違いか・・・)業務用途ではかなりの台数が出荷されましたし、改造に適さなかったので、他機種に比べると、綺麗な個体が多く残っています。あと、形式は9801NS/Tなんですが、商品名?は9801 note sxシリーズのTなので、ボディには98note SX/Tとかいてあります。(note sx の略でNS??)あと、FasMathというかコプロはノート型では今ほど使い道がありませんでした。またバスの細さがボトルネックになり、スピードがスポイルされていました。DOSだと宝の持ち腐れですね。(Win3.1でコプロを使うベンチなら差が出るかもですが・・・。)486SLC2に載せ替えた方が、結果的に早くなるので、ホビーユーザーや学生はNS/T以外の機種に走りました。このため、他機種は魔改造された個体が多く、現存数が少なくなっています。私も、NS/Lに486SLC2+FasMathに積み替えてWin95を動かしていました。(起動に10分以上かかりましたが・・・。)以上、参考まで

                                        • TemRayMecha
                                          TemRayMecha  9 күн бұрын

                                          補足、この頃の98は、DOSやIDEの制限の他に、純正チェックやら、完全なIDEでないためSASIの呪いと純正容量以上認識できない呪いがあった様な気がします。フォーマッタで、領域確保すれば、OKだったと思いますが、あまりに前のことで、記憶が定かではありません。Bootに必要な領域が、制限容量より手前にないとトラブったような気もするのですが・・・。そんな情報出てこないですね。記憶違いかしら・・・(淡ーい記憶をも元に書いていたら、嘘っぱちばかりだったので、少し消しました。ごめんなさい。)

                                          • 山田太郎
                                            山田太郎  9 күн бұрын

                                            コプロって表計算ソフトやCADとかっでないと効果無して聞いてた気がする 俺も友達への見栄で入れてたけど、体感速度はわかんなかった 一緒に入ってた ”Intel in it!” のシールをバイクのヘルメットに貼って、仲間内ではウケてた 普通のTVに出力できるコンバータ、FM音源、SCASIで230MBのMOドライブ、しまいにゃI/O BOXにGPIBボード入れて ADコンバータでアナログ入力…なんてやってたが、結局ノートPCの本体が電源入んなくなって、全部ひっくるめて電気 屋で100円で引き取ってもらった… とっときゃよかったなぁ~

                                            • WolfRou
                                              WolfRou  10 күн бұрын

                                              98Noteのマザー側コネクタは特殊形状ですが、HDDパックの中身は2.5インチIDE(パラレル)を使用しているはずです。 パックを分解しHDDを取り出し、USB変換などを行えばWindowsマシンなどから、ゴッソリ中身をコピーできるんでは?? 最悪、IDEなのであれば、44pinピンヘッダを44PのIDEケーブルPC側に差して特殊形状変換コネクタに差し、IDEのマスターとスレーブが繋がるケーブルを作成。 現HDDをマスターにして、CF-IDEをSlaveで接続して認識できれば、あとはDOS上でCOPYなんて。。。できるとよいのですが・・・。今更44PのIDEケーブルなんて探す方が難しいかなぁ。 AliExpressには44ピンデュアルIDE F / Fリボンケーブルという名称で売られてますけど。。。

                                              • Ocean's Wahead JabaL
                                                Ocean's Wahead JabaL  10 күн бұрын

                                                コプロセッサw当時の最新が今は!懐かしくもあり、私自身は雑誌や家電量販店でしか知らない代物でした。

                                                • プウラム
                                                  プウラム  10 күн бұрын

                                                  コメント欄の知識量がスゴイ

                                                  • ichi
                                                    ichi  10 күн бұрын

                                                    EMSメモリという単語とか起動時のメモリのカウントとか何もかもが懐かしい。

                                                    • nono_Tube
                                                      nono_Tube  10 күн бұрын

                                                      レアな部品と言えば、エニックスが出してたステレオサウンドボードかな。 26相当なのでスルーしましたが、今思うと…って部品ですね。

                                                      • マサカズウチダ
                                                        マサカズウチダ  10 күн бұрын

                                                        色付きでアニメーションのクオリティがすごいいいいいい

                                                        • SATO BOB
                                                          SATO BOB  10 күн бұрын

                                                          MSXよろ

                                                          • MrBASIC2012
                                                            MrBASIC2012  10 күн бұрын

                                                            コプロは対応ソフトでないと意味無いですね。 現在でも拡張されたCPU命令(SSEとか)にはソフト側が対応しないといけないのと同じ様な物ですね。

                                                            • 。やかん
                                                              。やかん  10 күн бұрын

                                                              ハードディスクのくだりはちょいと異なるかな。98のディスクトップ内臓は確かにSASI->98ローカルSCSIとIDEの併設(ファイルスロット)->E-IDE(ファイルベイ)(ともに3.5インチ規格)だけどノート(HDDパック)は内臓は2.5規格IDEで540Mに壁があるけど接続自体はE-IDEと同じ(なのでフラッシュが変換アダプタだけで繋がる)だと思います

                                                              • ゆうすが
                                                                ゆうすが  10 күн бұрын

                                                                久しぶりに何言ってるかわからない動画だったw

                                                                • 瓜売り
                                                                  瓜売り  10 күн бұрын

                                                                  ピポってこんな音だったっけ?

                                                                  • Favre
                                                                    Favre  10 күн бұрын

                                                                    かつてメルコから98ノート用のマルチメディアBOX『NMB-S4F』ていう製品が出てました。 これ1台でCD-ROM、グラフィックアクセラレータ、PCM&FM音源を搭載していて、98ノートで マルチメディア環境が実現できるというものです。自分も持ってました。今ネットで検索しても 全然出てきませんが、ご参考までに。

                                                                    • まぐろ
                                                                      まぐろ  10 күн бұрын

                                                                      コプロセッサは他の方が言われている通り浮動小数点演算を使用しないベンチには関係ないと思います。あと、増設メモリはDOSの設定config.sys等のパラメーターを弄らないと効果は発揮できなかった気がします。当時の増設メモリは、ほぼWindows3.1をかろうじて動かす用の増設パーツだった気がします。

                                                                      • 青江行洋
                                                                        青江行洋  10 күн бұрын

                                                                        MS-DOS時代のCADは素人がやっと手を出せるようになって コ・プロセッサ入れると劇的に表示が早くなりました EMSを入れると図面で扱える線の数が増やせたもんです コ・プロセッサも高かったし EMSボードとか出始めだったので 2MBで10万円位と恐ろしく高価でした XYプロッタはA1サイズで安い物で約100万円 それ専用のシャープペンが1本3万円(8本実装) ハードディスクとか80MBで20万円位 98も40万円以上 CRTモニターは640×400ドットが当たり前 今では考えられないですね

                                                                        • Disdis boy
                                                                          Disdis boy  10 күн бұрын

                                                                          SASI=サジーであってますよ。 EMSメモリーとは( ^ω^)・・・

                                                                          • 成裕
                                                                            成裕  10 күн бұрын

                                                                            ジャンク品集めまくって シンクロしてジャンクデストロイヤーw

                                                                            • Taishi Yamada
                                                                              Taishi Yamada  11 күн бұрын

                                                                              FPUは当時マニアック部品だったから、市販のソフトウェアでFPUを使用したソフトウェアは無いです。CPU速度を上げるにはCPU換装しないとならない。当時はOh!PC(雑誌)の広告で改造請負う業者が毎回掲載されてましたね。NS/Tは名機なので、その後のNS/R(486機)が出た後、486相当に改造とかも出てました。 EMSメモリーも普通のソフト、とくにゲームは非対応なので変わらないです。今のOSと違い、メインメインとはなってるが、DOS上としては別のメモリ領域なので、それを特別に使うプログラムの書き方が必要でした。業務用ソフトウェアとかはEMSメモリ前提のものもありましたね。 あと、RAMドライブ(B:ドライブ)をしっかり使ってあげてください。当時(CPUがV30,286,386,486時代)は、FDDが2機搭載が基本でした。ノートPCは1つしかないので、仮想的にメモリが2MB標準で搭載されていて、そのうちの1MBをBドライブのFDDとして使えるモードにして了解するのが普通です。多くのソフトウェアやゲームソフトでも、その前提でしたね。 なので、デスクトップよりも、RAMドライブが使えるノートPCの方が快適なことも、よくありました。一太郎(ワープロソフト)の、一太郎ver.3はFDD1枚でしたが、その後の一太郎ver.4の派生で、一太郎dashというのがあって、それはまさにRAMドライブを使う前提で最適化されたものでしたね。 RAMドライブを有効にしたら、FDDから、RAMドライブにFDの内容を丸々コピーするメニューが使えるはずです。それで、利用するのです。 なお、メニューで、2MBメモリ(640KB+1024KBと起動時表示される)を、RAMドライブ有効にすると、640KBだけになるはずです。増設分を仮想FDDに割り当てたからですね。 今時でいう、HDDがSDDの半導体メモリになって高速なのと同じことが、FDDがRAMで超高速というわけです。むかーーーーしから、あったわけです。(PC-9801使ってた人達からすれば、当たり前すぎる話)

                                                                              • Taishi Yamada
                                                                                Taishi Yamada  11 күн бұрын

                                                                                英雄伝説2などゲームやるなら、ぜひFM音源をゲットしてください。背面のやたらと横長なピン(108ピンだったかな?)に繋がられる、FM音源の周辺機器が当時は出ていて、FM音源(26K相当)をノートPCでも楽しめますよ。ビープじゃ、やる気出ませんから笑。 PC-9801用のFM音源は、26K、73、86の3種類ありますが(型番の末尾で言い分けてる)、初期のゲットは26Kです。確か英雄伝説2も、26Kまで。後期は86のFMが楽しめます。73はマニアックです。 26k>>73>>86は上位互換になってます。 さらに、ゲームではMIDI対応のゲームあり、それらは別世界の音を楽しめました。ファーランドストーリーの後期のシリーズとか、ルナティックドーンとか、MIDI(GMまたはGS音源)で楽しんでましたねぇ。懐かしいです。後期のDOS時代のゲームです。

                                                                                • Taishi Yamada
                                                                                  Taishi Yamada  11 күн бұрын

                                                                                  FPUについてもう少し書くと、製品としては常に286時代の機種から、286は287、386は387、486は487というFPU(浮動小数点演算ユニット)は、PC-9801シリーズとしてラインナップされてました。廉価機種では非サポートもありましたが、なにしろ高価なオプションでしたので、極々一部の業務用だけでしたね。286のまえのV30世代であったかは記憶があいまいです。 PC-9821の時代になり、PC-9821Ap, As, Aeという当時、Mateシリーズ(上位機種のモデル群)で、CPUがApがi486DX2-66MHz、Asが486DX-33MHz、Aeがi486SX-25MHzだったと思います。DXはFPU(487)が最初から内蔵されたCPUで、SXはFPUなしでした。なので、Ae用にi487が売られてましたね。次の世代の、Ap2、As2では、As2のCPUは486SX-33MHzの、コプロ(FPU)なしでした。そうそう、FPUは、当時は、コプロ(コプロセッサの略)と呼ぶのが普通でしたね。 で、このころからPentium が当時し、NEC純正の「Overdrive Processor 」という製品がでて、CPUをアップグレードできるようになりました。CPUの進化が早く、ソフトウェアの進化も早かったので、CPU性能が大事だったので。 As2の486SX-33MHzを、Pentium 83MHzや、486DX4-100MHzにパワーアップできるものが売られてましたね。そして、Pentium からは全てでFPU内蔵になったので、コプロは販売されなくなったのです。そして、全てのCPUでFPU演算が出来るようになってくのですが、その数年後にでたMMX Pentiumから、専用の演算命令を追加していく歴史が加速します。。。。

                                                                                  • 鶴丸高史
                                                                                    鶴丸高史  11 күн бұрын

                                                                                    SASI(サジー)懐かしい

                                                                                    • さとひろの休日
                                                                                      さとひろの休日  11 күн бұрын

                                                                                      昔のPC-98(486系)はCPUに乗っけるオーバードライブプロセッサとかあって、そういうのを思い出すような拡張で面白かったです。

                                                                                      • ぴょんた
                                                                                        ぴょんた  11 күн бұрын

                                                                                        なかなか面白い! 古い98をバージョンアップするとかワシは好きw 98も喜んでいることじゃろう

                                                                                        • 山田太郎
                                                                                          山田太郎  11 күн бұрын

                                                                                          どの辺がヤバすぎなんかわかんね

                                                                                          • Miya Miya
                                                                                            Miya Miya  11 күн бұрын

                                                                                            この時代のpcゲームでよく遊びました。信長の野望やプリンセスメーカー2が印象に残ってます。信長の野望は、pcが考えている時間が長くて待たされました。使ったpcは、エプソン286vgだった。

                                                                                            • moonrose
                                                                                              moonrose  11 күн бұрын

                                                                                              何気にすんなりやっているけど、コプロの入手性とか、水平同期24Khz対応モニターとかいろいろつまずくところがあるはずなので、その辺もレポートしてほしかったな。

                                                                                              • ta2 og
                                                                                                ta2 og  11 күн бұрын

                                                                                                すっげー懐かしいです。 当時、高額だったので購入できませんでしたね。 ゲーム音は、FM音源が必要だったような・・・

                                                                                                • keiju yazawa
                                                                                                  keiju yazawa  11 күн бұрын

                                                                                                  そういえば当時のHDDは 20MBだったか40MBが認識できる上限だった気がします。

                                                                                                  • keiju yazawa
                                                                                                    keiju yazawa  11 күн бұрын

                                                                                                    この時代のPC98はなつかしいですね。自力で PC-386NOTE WのCPUを張替えて Cx486SLCを載せてたのを思い出した。

                                                                                                    • car bomb
                                                                                                      car bomb  11 күн бұрын

                                                                                                      久しぶりに観に来ました 相変わらず誠実な人柄が滲み出ている良い動画ですね これからも応援してます! 寒くなってきたので風引かないようにしてください!

                                                                                                      • Ken the Eagle
                                                                                                        Ken the Eagle  11 күн бұрын

                                                                                                        もっと見たかったなー :D

                                                                                                        • happy3333
                                                                                                          happy3333  11 күн бұрын

                                                                                                          うわー! なつかしいーーー! 昔々 Cyrix の386ピン互換CPU(486)のゲタを購入したような記憶がかすかにあるけど・・・記憶定かでないなあ。 押し入れの中に 9801RA があったように記憶してる・・・これも記憶定かでないなあ。

                                                                                                          • Bakemono Moke
                                                                                                            Bakemono Moke  11 күн бұрын

                                                                                                            config.sys の記述をきちんと書き換えて、適切なメモリードライバーを組み込まれているのでしょうか。 バッファロー製のようですので、付属していたフロッピーがあればプログラムが入っていたと思います。 DOS3.3は、正式にはサポート外かもしれませんが・・・・

                                                                                                            • KaZ Ka
                                                                                                              KaZ Ka  11 күн бұрын

                                                                                                              HDDの移す方法、思いつく範囲で。 ・SCSIアダプタを用意して外付けHDD経由でコピー ・LANアダプタ用意してWindows3.1からファイル共有 ・SRAMカード(NEC独自仕様)を使ってコピー ・PC98デスクトップのHDDパック対応機でコピー ・PC98デスクトップ用のHDDパック変換ボックスを使ってコピー たしか、98ノートの背面の蓋の中にかなり横長の拡張コネクタがあったはず。 そこにSCSIまたはLANアダプタを付ければコピーできるんじゃないかな。 SCSIは基本的にコネクタ形状さえ合わせれば読み書き可能。(ターミネータを忘れずに。) 個人的なお勧めは「SCSIアダプタ」、「SCSIの外付けHDD」を用意して、そこにコピーしてからCFに入れ替え書き戻し。 (UltraSCSIのワイドじゃない方ならすんなり繋がる気がする。) LAN経由だと、Windows3.1のインストールでFDD入れ替えがすごいことに・・・。 (素直にFDD経由でコピーした方が楽。) SRAMカード(独自仕様)の入手は絶望的。 デスクトップ機、用意する当てがあればいいんだろうけど・・・。

                                                                                                              • KaZ Ka
                                                                                                                KaZ Ka  11 күн бұрын

                                                                                                                懐かしいな。うちのPC9801NAにもディスプレイアダプタつけてた。 数値演算コプロセッサはGPUとは全く別のもの。 二進数を使って少数扱う場合に表現方法が「整数と同じ部分+けた情報」になってて、 それを浮動少数非対応のCPUで計算させるには、けた合わせなど、色々やる必要がある。 それをコプロセッサはワイヤードロジックで処理してくれるのでスピードが上がる。 386、486世代では386DX、486DXは数値演算コプロセッサ内臓。 ノート用はバッテリ持ちの関係で省略されてることが多かった。 なくても遅いだけで動かないわけじゃないからね。 Pentium初代からは標準搭載になったんだけど、割り算の高速化のために新しい手法 (計算の一部をあらかじめやっておいてCPU内にテーブルで持つ)のために用意した テーブルのごく一部が間違ってて問題になった。

                                                                                                                • Black Night
                                                                                                                  Black Night  12 күн бұрын

                                                                                                                  RAMドライブにFDの内容をコピーすることによって、アクセスが早くなります。

                                                                                                                  • sir nake
                                                                                                                    sir nake  12 күн бұрын

                                                                                                                    386SX に Real Mode 。すべてが懐かしい。

                                                                                                                    • suzukinkun
                                                                                                                      suzukinkun  12 күн бұрын

                                                                                                                      コジコジさん。 実機HDDからのデータサルベージですが、 大昔の記憶で申し訳ありませんが 確か98エミュレーター化の一手間が必要だった記憶があります。 サルベージ側HDDを実機DOS上でDCUなりなんなりでイメージファイル化しCD-RWだったかMOにコピー、 吸い出したイメージファイルを98エミュレーターのツールを使って実機用のメディアに書き戻し・・みたいな。 FAT16やらwin98系とNT系の違いとかぐちゃぐちゃ絡んできて単純コピーが出来なかったような・・ 何分、大分昔の記憶なんで曖昧で力になれずにすみません。 何かのきっかけになれば良いのですが。

                                                                                                                      • Kasu125kasu
                                                                                                                        Kasu125kasu  12 күн бұрын

                                                                                                                        当時の日本製ノートPCには盗難防止用のワイヤーロックを取り付ける場所がなかった。2000年過ぎてやっとまともなものがついた。それ以前のワイヤーロックは基盤についてたり、プラの外装に付いてたり、盗難されやすいものだった。

                                                                                                                        • さとこよ
                                                                                                                          さとこよ  12 күн бұрын

                                                                                                                          昔、ほぼ同型の98ノート持っていたので懐かしいです。 RAMドライブは標準メモリの内の1MBを擬似FDDとして使う仕組みですね。 当時のデスクトップはFDD2台構成が一般的で、ソフトもそれ前提で作られてることが多かったんですよね。 ノートではそれを補うために物理FDD+RAMドライブで擬似2台構成にしていました。 メモリなので読み書きが早く、起動ドライブにしておくと起動が爆速になるメリットもありました。 FDDのクローンを作る場合にもRAMドライブを経由してたような記憶があります。

                                                                                                                          • さめはる
                                                                                                                            さめはる  12 күн бұрын

                                                                                                                            そうかお前ら今欲しがってる高性能パソコン、将来にもゴミになる運命か…

                                                                                                                            • 盆日v
                                                                                                                              盆日v  12 күн бұрын

                                                                                                                              ただただ凄い~! 憧れだった98NOTE、素晴らしい。

                                                                                                                              • けぷ
                                                                                                                                けぷ  12 күн бұрын

                                                                                                                                見始めたばかりの者です。 性別はどちらでしょうか、中性的でわかんないです…